【犯罪防止の抑止力】ガードマンを契約して防犯対策をしよう

男の人

未然に防ぐ工夫

ガードマン

希望に合わせた依頼を

突発的に発生する事件や事故は、その場に人の目があれば防げたというケースが多々あります。例えば、商業施設の駐車場出入口や防災センターにはガードマンが配置され、異常発生時には即座に対処するシステムが構築されているのです。ガードマンは専門の訓練を受けていますので、事件や事故のほか、火災や地震といった様々なトラブルに対処できます。特に人が集まりやすい場所や建物においては、緊急時の混乱が被害を拡大するため、ガードマンの設置を早急に検討するべきでしょう。ガードマンの設置を検討する場合、まずは依頼先の選定作業から入ります。ただ漠然と依頼を検討するのではなく、何らかの被害を受けていれば状況をまとめ、希望の配置場所を明確にしておくと良いでしょう。警備会社と契約する前にセキュリティ診断が実施されるため、原因や問題が分かりやすくなるうえに、見積りの比較が容易となるのです。いくつかのステップを踏んでから契約に至りますので、なるべく早めの相談が良いでしょう。警備会社ごとにプランや料金は異なりますが、大まかには長期もしくは短期派遣のどちらかとなります。時間帯も設定できますので、例えば駐車場であれば長期で契約し、混雑時間帯のみのガードマン配置も可能です。また、イベント開催時のみであったり工事中の期間限定も選択でき、通常は依頼者側の都合に合わせてプランが選択できます。内容がまとまって納得してからの契約完了となるため、依頼ミスの心配がなく安心です。