【犯罪防止の抑止力】ガードマンを契約して防犯対策をしよう

男の人

万引き予防に効果的です

鍵

内容を吟味しましょう

小売業を営む方にとって悩ましい問題が万引きです。万引きによる被害は東京都だけでも年間で600億円を超えると考えられており、この数値からだけでも万引き被害の深刻さをうかがい知ることができます。実際に廃業を決めた小売事業者の多くが万引き被害による売り上げ悪化を廃業理由に挙げるなど、万引きは深刻な社会問題となっています。この万引き被害を未然に防ぐのに効果的なのがガードマンです。ガードマンを雇っている小売店の場合はそうでない店舗に比べて万引き被害が顕著に少ないことが知られており、防犯に大きく役立つことが証明されています。しかし一口にガードマンを雇うといっても警備会社によりサービス内容は様々です。そこでガードマンを採用する際は、警備会社が提供するセキュリティ内容と自身が経営する店舗の売り場面積や商品構成とのマッチングを考えて依頼先を選びましょう。たとえば売り場面積が限られている場合や商品のラインアップが少ない場合は、ICチップを導入したセキュリティタグを採用している警備会社がおすすめです。また生鮮食料品を扱うスーパーなどを経営している方には、ガードマンと防犯カメラを組み合わせたセキュリティ対策が効果的となっています。ガードマンを雇う際はそれぞれの警備会社の研修内容も重要です。ガードマンはお客さんに声をかけることもあるなどデリケートな職業なので、社内においてシチュエーションを想定した十分な研修を行っている警備会社を選ぶことも大切なポイントとなります。以上のようにガードマンを雇う際は、警備会社の提供するセキュリティ方法と研修内容などを十分に吟味したうえで選ぶようにしましょう。