【犯罪防止の抑止力】ガードマンを契約して防犯対策をしよう

家と鍵

未然に防ぐ工夫

ガードマン

人の目と力で対処するガードマンは、警備会社への依頼で配置されます。被害を受けていれば状況をまとめ、希望場所を明確にしておくと依頼しやすくなるでしょう。期間や時間帯は希望に合わせて選択可能です。問い合わせ後はセキュリティ診断が実施され、そのあとに見積りが確認できます。

犯罪抑止の強い味方

警備員

警備をプロに任せる重要性

国内においては凶悪な犯罪が多発するようになり、個人に対する怨恨だけでなく無差別襲撃も増加する傾向です。人が集まる商業施設やオフィスが狙われるケースも考えられるため、万が一の緊急事態に備えることは、管理者や経営者の義務といえるでしょう。あらゆる状況で活躍しているガードマンは、配置による犯罪抑止のほか、地震や火災といったトラブルにも対応可能です。ガードマンは警備会社への依頼が一般的であり、ガードの対象別に訓練と研修を行っているため、個人や身内に任せるのでは意味がありません。ガードマンを配置するメリットは、警備会社のノウハウに基づいたトラブルの処理能力ですので、実績が明確な依頼先選びもポイントです。ガードマンの業務は多岐にわたりますが、まとめて1人に任せるのではなく、警備会社へは目的別に依頼を出します。例えば、スーパーマーケットにおいては、社員通用口と駐車場出入口に配置しますが、最低でも2人は必要となるでしょう。兼務することはありますが、休憩のため離れなくてはならない時間帯もあります。いずれにしても依頼時には見積りと現地チェックが行われますので、事前に要望をまとめておくと話がスムーズです。このほか、ガードマンは人がいない場所の警備にも有効であり、空き家や募集中の工場やビルにも配置できます。侵入や犯罪で使用される心配がなく、住宅地であっても苦情のトラブルが発生しません。近年は企業に対する厳しい目が経営を左右することもあるため、ガードマンの必要性がますます高まっているのです。

万引き予防に効果的です

鍵

万引き被害で悩んでいる小売店経営者の方におすすめなのがガードマンです。ガードマンを採用すれば万引きによる被害を大きく抑制することができます。ガードマンを雇う際は警備会社のセキュリティ方法や研修内容を参考にしましょう。

防犯のために警備員を雇う

防犯カメラ

警備や貴重品の輸送を行うガードマンを雇いたい場合には、インターネット申し込みで簡単に依頼できます。専門の会社が見積もりと警備診断を行ってくれるので、気軽に依頼しましょう。1日や短時間でもガードマンを配置することができる会社もあるので、相談してみて下さい。